読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらじろう、デブる。

お盆以来に再会したとらじろう。
相変わらずのかわいさに大喜びだったわたしですが、とらじろうを抱き上げてみて少々違和感を感じました。
なんだか重い。
いや、でも、まさかね。運動不足ですっかり衰えてしまったわたしの腕力が原因じゃないかしら。そう思っていたのですが…。


*スポンサーリンク*




実家にはとらじろうの部屋みたいなスペースがあり、そこにはエサと水、トイレが設置されています。エサや水は気づいた人が補充するようになっています。
そのスペースでエサを食べていたとらじろうを見て、同じく帰省していた姉が一言。
「とらじろう、デブねこじゃない?」

やっぱり!?

重く感じたのは気のせいじゃなかったのねっ!?
確かに前よりエサを食べている姿を多く見かけるし、動きがのそのそとノロい。まだ若いため顔がシュッとしているのでなかなかそうとは気づきにくいのですが、明らかにお腹がダルンダルン。世界のびっくりねこほどのデブさではないのですが、どう考えてもデブの領域に入っているように思いました。姉はデブねこが大好きなので喜んでいましたが、わたしはねこのしなやかなボディラインが好きだし、とらじろうの健康を考えたら少々心配になってしまいました。
エサをやりすぎなのかなぁ。でもねこは自分で適量を食べるイメージがあるのですがどうなのでしょう??

f:id:suminekoya:20160106201614j:plain

ね?
明らかにデブってるよね??

とか言いつつ、ダルンダルンのお腹を撫でるのは最高に気持ちがよくてクセになります。例えるなら「ふわとろ」みたいな感じでしょうか。たまりませんね!



にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
このふわとろ、常に手元にあって欲しい。




*スポンサーリンク*



にほんブログ村 猫ブログへ
よろしくお願いします。