読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

刀鍛冶の包丁。

わが家

自宅で使う切れ味のいい包丁が欲しい!と出掛けた岐阜県関市。

観光を済ませたあと、近くにある売り場で本当に包丁を買ってきました。


*スポンサーリンク*




f:id:suminekoya:20150819231434j:plain

ミソノ刃物株式会社 MISONO CUTLERY CO., LTD.

最近の包丁の主流は基本的にステンレスなんだそうです。
ステンレスのほうが保存も楽で、切れ味だって特段悪くないそうです。
しかし刀鍛冶の包丁が欲しかったのでステンレスは除外して選びました。
そうすると刀と同じということで、鋼で作られた包丁となります。

選ぶときに店員さんと研師さんが並んでこう言いました。

「鋼はなにをどうしても絶対に錆びますから!」

これは絶対言っておかないとクレームになりやすいので、
あえて言わせていただいております。
そう注訳され、確か4回ほど同じことを連呼されました。
多分かなり軽い気持ちで買って扱いきれない人がいらっしゃるのでしょうね。
写真でもダメ押しの文言。

「ハガネ
 さびます
 よく切れます」

思わず笑ちゃっいました。

しかも店員さんの説明によると、
包丁によって黒錆になるものと赤錆になるものがあるとか。
今回買った包丁は黒錆になるらしいです。
使って洗って乾かしておいたところで、
空気に触れることで自然に錆びるのだとか。
そりゃそうだ、それが自然の摂理ですものね。

なお、刀鍛冶の名入りのものは手が出せず妥協してしまいました。
しかし熟練の職人さんの手によるものなので間違いない!!

実際に野菜をカットしてみたらそりゃもう切れる切れる。
力はほぼいりません。
正直わたしに扱いきれるか自信はありませんが、
刃がなくなるまで研いで大事に使いたいと思います。



にほんブログ村 猫ブログへ
あとは料理の腕が上がれば…!




*スポンサーリンク*



にほんブログ村 猫ブログへ
よろしくお願いします。