読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが家で実践した子ねこの夜鳴き対策。

獅子丸師匠

母ねこから急に離され、仲のよかった兄弟ねことも離され、新しい家にやって来た2日目には長時間のお留守番を余儀なくされ、心身ともにさみしさ襲われていたと思われる獅子丸師匠。
今では夜鳴き?なにそれ?状態の少し成長した師匠ですが、わたしだって多少は色々やったんだい!ということで簡単にお話したいと思います。


*スポンサーリンク*



わたしがやった夜鳴き対策!

獅子丸師匠がわが家に慣れてきて少しはマシになったのですが、それでもまだ続く夜鳴きに頭を悩ませていました。そこでネットで検索して一番に出てきた夜鳴き対策を実践してみることに。

この記事の中から「寝るときに少し明かりをつけておく」「飼い主の匂いのついたものをベッドに入れる」を実践してみました!

寝るときに少し明かりをつけておく!

わが家では寝るときにだいたい真っ暗にしてしまうのですが、急に真っ暗になるから不安になってしまうのかな?と思い常夜灯で寝るようにしました。おかげで寝るときはものすごい強烈な視線とかすれた鳴き声が聞こえました。
それでも視界の中に飼い主がいるという安心からか、夜鳴きが少しはマシになったように思えます。

飼い主の匂いのついたものをベッドに入れる!

飼い主の匂いのついたものは考えたのですがとっさによさ気なものを用意出来なかったので、今しがた着ていた部屋着のTシャツをなんちゃってベッドに入れてみました。確実にわたしの匂い…いや臭いが染みついているので安心してくれるはず!ボロボロにされる覚悟で放り込みました。
さすがにこちらは効果があったのかどうか怪しいところですが、やらないよりはマシなのかもしれません。


その結果、夜鳴き対策を始めたその夜はそれほどでもなかったのですが、日が経つにつれて落ち着いて寝てくれるようになりました。
しかしこれらはあくまでも緊急対策に近いと思います。
一番効果のある夜泣き対策をわたしは発見したのだっ!!

「疲れ果てて眠るまで遊びまくってやれ!」

f:id:suminekoya:20160910213648j:plain
ぐったり

コレが一番効果があります。わたしの体感的に間違いない。うむ!



にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
もちろんわたしもぐったり。




*スポンサーリンク*



にほんブログ村 猫ブログへ
よろしくお願いします。