読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこがわが家にやって来るまで。第2回 - お見合いをする

前回から時間が経ってしまいましたが続きを書いていきたいと思います。
前回はネコジルシという里親サイトで、実際に気に入ったねこに里親応募をしてみたというお話でした。

実は応募してからすぐに事態は動いたのです。


*スポンサーリンク*




ネコジルシにはユーザー同士で簡単にやりとりが出来るようにメッセージ機能があります。募集側と応募側も基本的にこのメッセージ機能を使って譲渡までのやりとりを行います。なので安易に個人情報をやりとりするのは避けるように公式で呼びかけられたりもしています。

わたしが応募したときすぐに保護主さんからメッセージが送られてきました。このとき「直接話したほうが早いから」という理由で保護主さんの電話番号が一緒に記載されていました。
公式の注意書きを見たばかりだったわたしは、一瞬怪しい人か!?と警戒してしまいました。しかしプロフィールなどを見ても、メッセージの文面を見ても普通の主婦っぽい。
だったらダメ元で動いてみてもいいじゃない!と思い直し、わたしはその電話番号にかけてみることにしたのです。

f:id:suminekoya:20141224231319g:plain注意
個人情報を集める目的の人や、金銭を要求するなどのトラブルに発展する可能性があるため、むやみに連絡先を教えたり電話をしたりするのはおやめください。


電話を掛けるのはすごく緊張しました。しかしとても優しい保護主さんでそのまますんなりお見合いをさせていただけることになりました。どうも里親探しは慣れていらっしゃるようでした。

お見合いに行ってみたよ!

お見合い決行日は2016年6月19日。
保護主さんのお宅はわが家から30分のところでした。夫と一緒に向かいました。ナビで行けたので迷子になることもなく無事に到着です。
しかしその立派な佇まいに驚きました。大きなお家でしかも新築!本当にこんなところに子ねこがいるのか?と思ったほどです。
出迎えてくださったのは保護主さんと保護主さんのお母様です。声のとおり優しい親子でいらっしゃいました。

話を聞けば聞くほどすごかったです。
地域で野良ねこを保護する活動を行っているらしく、新築のお家はなんとねことの生活に特化したデザインになっていました。いたるところの足元にねこが水を飲めるように洗面器があったり、2Fは完全にねこ部屋化されるのだとか。
それだけ真剣にねこのことを考えている人が悪い人のわけがない!
保護活動の真剣さにわたしはとても感動してしまい、是非この保護主さんからねこを譲ってもらおうと心に決めました。

そして待ちに待ったお見合いです。
まだ完成していないねこ部屋で子ねこと対面しました。

f:id:suminekoya:20160729234121j:plain

うわぁー、かわいいーーー!!
わたしが希望していた子ねこのちゃとらさんは本当に元気いっぱい、太いあんよをフル稼働させて走りまくっていました。だっこは嫌がられてしまったので撫でる程度にとどまりましたが、つやつやサラサラでたまりません。

ただ、すごくかわいかったのですがどうもピンと来ません。「この子がいい!」と即決出来なかったのです。別に気になるところがあったわけでもないしなぜだか分からないのですが直感が働かなかったとでもいうのでしょうか。
ちゃとらさんにはわたし以外にももう1組のお見合い希望者が、兄弟ねこも大人気で3組のお見合い希望者がいらっしゃったそうです。

わたしがすごく悩んでいると保護主さんからある提案がされました。

「今、別の子ねこがいるのでその子とも会ってみますか?」

思わぬ提案で驚きましたが、何故かその時は即答で「会ってみたいです!」と言えました。今思うとそういうことだったのかなと。

まだ1ヶ月しか経っていない子ねこということで、実際に会えるのは2ヶ月に成長してから。会えるようになったらまたご連絡をいただけるということでその日は解散しました。
2回目のお見合いが決まり、早く会いたい気持ちでいっぱいになりつつもワクワクしながらその日を待ちました。


第3回へつづく。



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
ちゃとらさんも兄弟ねこも無事に里親さんが見つかったそうです!




*スポンサーリンク*



にほんブログ村 猫ブログへ
よろしくお願いします。