読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わが家にやって来て122日目。

獅子丸師匠がわが家にやって来てから毎日簡単にメモを残しています。師匠の様子だったりうんちの状態だったりその日に起こった出来事だったりと、些細なことも含めて日記のように書いています。というか日記です。
122日目の様子をかいつまんでこちらでもメモにしておきます。


*スポンサーリンク*



生後6ヶ月の健診&去勢手術の予約をしてきたよ!

わたしにとって意味のある6ヶ月。その理由がこちらです。

去勢手術が出来るようになったから!

えっ!!
f:id:suminekoya:20161127234115j:plain

正直ねこのωが大好きなわたしとしては去勢手術なんてさみしいことのなにものでもないのですが、マーキングし始めてからでは大変だという父の助言もあるので早くするに越したことはないと決意したわけです。

前回動物病院へ行ってから時間が経っていたので、手術の相談をしがてら健康診断でもしてもらおうと行ってきました。

今回は道中鳴くこともせず外の様子を静かに見ていたので、おとなになった証かな?と思いました。前はずっと鳴いていたのにキャリーケースにも慣れたものです。キャリーケースが予想以上に小さく感じたのにはビックリしました。いずれ入らなくなっちゃったらどうしましょう。買い替えかしら?
余談ですがほんの10分程度の移動に毎回大きなキャリーケースも大変で、ボストンバッグみたいな布系キャリーケースの購入を考えています。どんなものがいいかな。

動物病院はあまり混んでいなかったのですぐに診てもらえました。だいぶ動物病院が「お尻を触ってくる人がいるイヤな場所」という認識になってきたようで、わたしの身体を頭まで駆けのぼるようになりました。かわいそうな反面かわいい。そして信頼されているようで嬉しい反面爪が痛い。

体重も体温も適正で、先生の健康診断でも問題はありませんでした。念のために持っていった獅子丸師匠の抜けた歯も見てもらって、乳歯だから大丈夫だというお墨付きももらいました。

去勢手術をするのに満たしていたい体重も基準を超えていたようで、いつでも手術出来るとOKをもらえました。
善は急げというわけではありませんがその場で手術の予約をさせてもらいました。ついでに手術前に血液検査をしてエイズチェックもしてもらうことに。費用はかさばるけど大事なことですもんね。

わたしの通う動物病院は評判もいい本当に親切な先生で、きちんと去勢手術のリスク・メリット&デメリットをわかりやすく説明してくださいました。
もともと飼育本などで知識はあるのですが、やはり先生から直に説明を受けるとよりわかりやすいですし安心します。

手術の流れも口頭説明とあわせてプリントもいただきました。
手術は日帰りで、前日からエサや水の調整などが必要なので頑張りたいと思います。

決行日は12月1日。
それまでωを愛でるとしよう!



にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
本当は手術とかヤだよー!




*スポンサーリンク*



にほんブログ村 猫ブログへ
よろしくお願いします。