読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこと暮らすためのお家を用意しよう!第3回

前回は賃貸の管理会社へ行くその前に、ちょっとだけ準備をしていこうというお話をしました。

準備もしたので今回はいよいよ管理会社へ乗り込みます!!
ただわが家の場合、実は一番最初に管理会社へ行ったのは夫だけでした。住む予定の土地に夫が一人で行く機会があり、気を利かせて賃貸会社へ立ち寄ってくれていたのです。家へ帰ってきた夫から賃貸会社からもらった物件資料を手渡されてビックリしたものです。
ただやはりわが家が物件を探していた時期は3月下旬から4月初旬で、人の入れ替わりが激しい時期のため物件の状況はあっという間に変わってしまいます。結局その後二人で改めて行きました。


*スポンサーリンク*



いざ管理会社へ行こう!

恐らく会社によって様々ではあると思うのですが、わが家が選んだ管理会社は夫が一人で行ったときにアンケートに答えていました。アンケートは住む人の情報や希望条件などを記載する簡単なもので、それを元に管理会社が物件を探してくれます。わが家の場合は夫婦2人で住むだとか、ペット可の物件がいいだとかその辺りですね。もう一度おさらい的にわが家の希望を記します。

  1. ペット可の物件
  2. 毎月の家賃の上限
  3. 間取りは1LDK~2LDK
  4. 日当り良好

そして改めて二人で管理会社へ訪ねました。なお来店する予定の日時は事前に管理会社へ連絡しておきました。この予約とアンケートがあったために来店してからすぐに様々な物件を紹介していただきました。おぉっ、スムーズだ!と喜んだのも束の間。すぐに認識にズレがあることがわかりました。

賃貸の希望条件は的確にはっきりと管理会社へ伝えよう!

前回の記事にも書いたのですが、実はこの条件を伝えるときにミスを犯していました。きっかけは担当者さんのこの言葉。

「犬種はなんですか?」

え?
犬種??
なにをおっしゃっているんですか。わたしが飼いたいのはいぬじゃありません。

「ねこを飼いたいんです」

f:id:suminekoya:20160422235103j:plain

アンケートに答えたとき、ペット可の物件を探していると伝えたのみでそのペットがなにかを伝えていなかったのです。

こうなると話はまったく別!!なぜならこの世の中、いぬは許せてもねこは許せない大家さんが本当に多いのです。恐らく爪とぎをして壁が痛む可能性が高いのがネックなのだと思われます。いぬも吠えるので騒音トラブルが起きやすいですし、まずペット可にする大家さんの物件は基本的に物件が古かったり駅が遠い辺鄙な場所にあるなどのワケありが多いのです。そこは需要と供給でバランスが取れればいいのですが圧倒的にペット可の物件は少なく、そこから更にねこが飼える物件を探すとなると本当に難しいのです。
現に担当者さんにねこを飼うことを伝えた途端、彼の顔色がガラッと変わりました。「ねこちゃんですか…」と呟くと言葉が少なくなり、完全にローテンションになっちゃいました。後々わかるのですがねこの場合は確認作業も増えて担当者さんも大変になっちゃうんですよね。

これからねこを飼える物件を探す人にこれだけは伝えたい!

ねこを飼うとはっきり伝えてください!!

それが自分にとっても管理会社にとっても一番です。


担当者さんの変わりようを見て一時はどうなることかとかなり焦りましたが、担当者さんが本当にいい人で必死に探しまくってくれました。そして意外にもねこでもいいよ、と言ってくれる大家さんが結構いてくださったおかげで、物件がそれなりにわたしたちの前に用意されました。
その中で希望に合い、よさそうな物件を夫と話し合って5件に絞りました。ただ物件の資料や間取りだけを見たところで分かることは少ないので実際に見に行くことになります。この物件を見に行く内見が一番楽しいポイント!わくわくしながら担当者さんと出かけました。


第4回へつづく。



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
人ってあんなに顔色が変わるのね…。




*スポンサーリンク*



にほんブログ村 猫ブログへ
よろしくお願いします。