読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ねこと暮らすために。第6回 - 本気出す

ねこと暮らすために

夫が会社を辞め、わたしも会社を辞めました。次の職場が決まっているとは言えどよくよく考えるとこの先暮らしていくのに結構絶望的な状況のように思えます。ですがわたしは今希望に満ち溢れているのです!!

f:id:suminekoya:20160406232810j:plain

たとえ金銭的な問題が発生しようと、たとえ夫がこの先就職出来なくても。


*スポンサーリンク*



ねこと暮らすときがやって来た!

今更わたしがねこ好きであることは言うまでもありません。社宅住まいのためにねこを飼うことが出来ずもんもんとした日々を過ごしています。ねこを飼うことが叶わないと知りつつも、それでも「いつか」のためにねことの生活を考え、勉強してきました。



しかしねこを飼うためにネックだった住まいという問題が、夫の退職に伴って解消することになりました。家なき子になってしまうわたしたちが次に選ぶ住まいは、わたしたちの希望に沿うものを自らの手で得ることが出来るのです!

そして普段から夫へのアピールを欠かさなかったわたしは、住まいの第一条件をわたしの希望で探すことを許してもらいました。

そう、つまり、わたしはねこを飼育できる家に住めることになったのです!もちろん実際に住むには家を探すところから始めるわけですが、それでも確実にねこと暮らすための第一歩をわたしは踏み出すことになったのです。

今からすごくワクワクしています。ねこと暮らせる日が来る。それが具体性を帯びただけで毎日が楽しくて仕方がありません。金銭的な負担は増えるし、生き物を飼うという重責を感じないわけではありませんが、それでも長い間願い続けたことがもうすぐ叶うかもしれないと思うと頑張れそうです。
そしてそのための道程をここでしっかり記録していきたいと思います。



にほんブログ村 猫ブログ 猫のいる暮らしへ
本気120%。




*スポンサーリンク*



にほんブログ村 猫ブログへ
よろしくお願いします。