読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おやすみ、とらじろう。その13

とらじろう

夏のような気温が続く毎日です。
晴れてくれて洗濯物がよく乾くのは嬉しいですが、
紫外線対策がめんどうだったり、
体臭が気になったり、
仕事の制服が汗びっしょりになったりと、
デメリットのほうが多い気がします。

もう少し気温が下がってくれればいいのに、
と思いながら過ごしています。


*スポンサーリンク*




そんな中わたしの実家では風邪をひきそうなほどの寒さ!
山の上のほうにある集落なので夜はぐっと涼しくなるのです。
フリースがないとつらいぐらいでした。
思えば毎年GWは風邪っぴきになって帰っていたっけ。

実家ではこたつをつけるほどではないけれど、
やはり足元が寒いということで
小さなホットカーペットをこたつの下に敷いていました。

当然そこに足をつっこんであったかーい、
とやろうとしたわけですが。

f:id:suminekoya:20150507233010j:plain

先客がいました。

完全に陣取っていて足をつっこめません。
とらじろうのお腹あたりに足を入れたらそれはそれは暖かそうなのですが、
こんなにぐっすりとかわいく寝ているのを見たらおいそれと触れません。

この寝顔にいつもメロメロなわたしです。

今日もおやすみなさい。



『おやすみ、とらじろう。』シリーズ



にほんブログ村 猫ブログ 猫 写真へ
2015年5月5日のむにゃむにゃ。




*スポンサーリンク*



にほんブログ村 猫ブログへ
よろしくお願いします。