読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのミュージックプレイヤー。その1

わたしの生活に、
果ては人生に、
音楽は欠かせないものです。

そんなわたしに必須であるミュージックプレイヤーについて
お話したいと思います。


*スポンサーリンク*



わたしが音楽を聴くとき!

わたしは毎日必ず音楽を聴きます。
ミュージックプレイヤーを買って聴くようになったのは
実はここ5年ぐらいの話でして、
それまでは車に乗ったときのカーステレオか、
家でご近所迷惑にならない程度のボリュームでステレオで聴いていました。

しかしどうしても好きなときに気持ちよく音楽が聴きたくて、
なにより雑音を耳に入れずに音楽を聴きこみたくて、
それでちゃんとしたミュージックプレイヤーを買おう!となったのです。

買ってからというもの、なにをするときもミュージックプレイヤーを使っています。
運動するときも、
家事をするときも、
こうやってパソコンに向かっている今も。

もはやミュージックプレイヤーそのものがわたしに欠かせないものとなっています。

わたしの愛用するミュージックプレイヤー!

簡潔に結論から。
わたしが愛用しているミュージックプレイヤーはこちらです。

Apple iPod nano 16GB グラファイト

f:id:suminekoya:20150410233356j:plain


Apple iPod nano 8GB シルバー MC525J/A


俗に言うnanoの第6世代というやつです。
イヤホンが汚くてお恥ずかしい。
カラーはグラファイト。渋さが好きです。
12,000円ぐらいでした。
手に入れたときはすごく嬉しかったことを覚えています。

わたしが利用している音楽管理アプリはiTunesなので、
アプリとの連動も完璧です。

16GBしか容量がないため、
iTunesに入っている音楽がすべて入らないので厳選したものだけを入れています。

iPod nano 第6世代の好きなところ!

写真はサイズを分かりやすくするために、
横に市販のメジャーなリップを置いてみました。
そう、このサイズ感がすごく便利です。
重くもないし邪魔にならず、かといって操作がしにくいこともありません。

わたしはアルバムのアートワークもアーティストの作品のひとつと思っていて、
アートワークが大きく見られる画面もお気に入りです。
なんて言うとちょっと語弊があるかも。
ただ単にきれい、かっこいい、
そんな画像が見られるだけで楽しいのです。

そして一番の目玉であるクリップ。
第6世代はタッチパネルとどこにでも挟めるクリップが両立されているのです。
このクリップがあるだけで安心して運動が出来ます。

本当に本当に大好きな機種です。

iPod nano 第6世代の致命的な欠陥!

かなり有名らしいのですが、
この第6世代は致命的な欠陥を抱えています。
第6世代は当初からその欠陥を指摘されていて、
それでいて改善されることは現在までもこの先もありません。

その欠陥というのが、本体右上にある電源ボタン。
この電源ボタンがある日突然、
なんの予兆もなくスタックしてしまうのです。
ようはボタンを押してもうんともすんとも言わなくなるのです。
しかも最悪なことに保証もなにも効かない、
1年を過ぎたあたりで必ず起こると言われています。
こうなるとパソコンに繋げる以外に操作する術がなく、
買い換えるか、
もしくはアップルにお金を払って交換してもらうしか方法はありません。

実はわたしも例外ではなく、
毎年1回この事象に遭遇しています。
わたしに出来る対策と言えばなるべく電源ボタンを押さないことですが、
どれだけ努力をしてもなってしまいます。
それで毎年買い替えを悩むのですが、
結局この機種以上のミュージックプレイヤーに出会えないので
諦めてアップルに交換してもらっています。

ちなみに初めての買ったのが2012年02月19日
その後2013年04月13日に5,800円を払って1度目の交換を、
2014年11月26日に5,940円を払って2度目の交換をしました。

2度目はさすがに自己修繕を試みたのですが、
失敗してしまったので諦めました。

わたしもこんなばかなことはないと思っています。
それでも心底惚れ込んでいる機種なので、
きっと来年も交換してしまうでしょう。
これさえなければ完璧なミュージックプレイヤーです。
他の方にオススメ出来ないのが残念です。

でもこのミュージックプレイヤーのおかげで、
今日もわたしは愛する音楽と一緒にいられます。
ありがとう!iPod nano!!



にほんブログ村 猫ブログへ
いや、でも壊れるのはやっぱりなしでお願い!



*スポンサーリンク*

Apple iPod nano - スペースグレイ ME971J/A


にほんブログ村 猫ブログへ
よろしくお願いします。